【起業副業:せどり】サラリーマンがサイドビジネスでお金を稼ぎたい時に大切なビジネスマインドとは

ネットビジネス(転売、せどり)で稼ぐためのビジネスマインドとは

【起業副業:せどり】サラリーマンがサイドビジネスでお金を稼ぎたい時に大切なビジネスマインドとは

さてこちらの記事ではビジネスレベルでの優先順位の立て方をお伝えしました。

国内転売やネットビジネスで稼ぐために必要な優先順位の立て方とは

そして今回は人生レベルでの優先順位での立て方をお話したいと思います。

この人生レベルでの優先順位の立て方をしっかり考えないと、いつまでたってもビジネスでお金を稼ぐことができないっていうことにもなりかねません。

稼げない人は全てここが悪いと言っても過言ではないので一緒に見ていきましょう。

どんな場合でもビジネスの優先順位を一番にしよう。

これが一番大切です。
あなたにとって普段生活をしていて色々なことをしているし、
色々大切なこともあるでしょう。

例:家族サービス、仕事、趣味、付きあい、睡眠

ただこれらのことを全て2番目にしてでもビジネスの優先順位をあげる必要があります。

本業で忙しいのは気持ちはわかります、けど人間の時間は24時間しかありません。
だからこそ仕事がいつも残業で遅くなるのであれば仕事を早めに切り上げてビジネスをやる必要があります。

付き合いの飲み会もそうです。
愚痴をこぼしながらお酒を飲むのが楽しい時間の場合もあるでしょう。
けどそういう仲間との付きあいを一時的にでも絶つ必要があります。

家族だってそうです、嫁に子供の面倒をみて!!
と言われたとしてもしっかりと今の自分の状況を説明をして理解をしてもらう必要があります。
というのもそれくらいしないとビジネスでお金を稼ぐことって難しいんです。。
ただ!!

ここでポイントなのが

一生自分のやりたいことや家族や友人を犠牲にしろとは言っていません。

ビジネスで慣れてきてわりと簡単にお金を稼げるようになってきたら、
家族や友人を優先にしたとしてもそんなに稼ぎが減らない場合があります。

ただ大抵一番難しいのは、ビジネス初心者が0を1にする方法です。
今まだ0で1にすらできないのであれば、一時的に全ての優先順位をビジネスを1番目にする必要があります。

じゃないと人間なんて大抵怠惰な生き物なので自分も含めて甘えてしまいますもん。
一生好きなものを犠牲にする必要はありません。
一時的でいいんです。本当にお金を稼ぎたい!!
今月は稼ぐぞ!という月でいいのでその月は全ての優先順位をビジネスにしましょう。
仕事の残業よりもビジネス
家でゴロゴロユーチューブ見てるよりもビジネス
土日にどこかに家族を連れて行くよりもビジネス

それくらい最初は作業の時間も必要になってくる場合もあります。

逆にそこを抜けることができれば本当にあとは簡単です。

なのであなたもぜひ一時的にでいいのでビジネスを毎日がんばってみてくださいね^^
1ヶ月やってもし月収100万円稼げるのならそのほうがよくないですか?
サラリーマンなんて死ぬほど残業したって対しか金額稼げないんですもん(経験済み)

どうしてもビジネスを優先にできないあなたへの解決策

ただそれでも自分に甘えてしまうとか、やりきることができない!!
っていう場合は環境とか人っていうのが非常に大切になってきます。

例えば小さい頃を思いだして欲しいのですが、小さい頃って
親に「宿題をやれ!終わるまで晩ご飯抜き!」
とか言われませんでした?

こういう強制力があると人ってやれるんですよね。
でも小さい頃ならお母さんがこんなことを言ってくれましたけど
大人になるとそんなことを言ってくれる人なんていませんよね。

そういう時に大切になってくるのが、ビジネス仲間や指導者の存在です。

こういう環境にいるとやらないといけなくなるし、やってないと普通に気まずいです(笑)

だからこそこういう環境にいると人ってあっという間に稼げるようになります。

なので今もしまだあなたがそういう環境がないのであれば、今だけ僕がLINE@で
無料でコンサルを特別にさせてもらっています!!

普通に僕からのせどりの情報や指導なんかも今だけ特別に無料でさせてもらってます。

実際に僕が指導をして初月で30万円とか稼いでいる人もいるのでぜひあなたもお金を稼ぎたい!!
けどどうしても自分に甘えてしまってできない…
なんていう場合はぜひぜひLINE@から連絡ください!!!

あと今だけあなたが人生を成功するのに必要なことを書いた
電子書籍を無料で配布してますのでそちらも合わせてダウンロードしてみてくださいね♪

スマホから現在アクセスしてる方は下記から。
https://line.me/R/ti/p/%40nec1302m
PCの方は @nec1302m で検索してください。