【起業副業:せどり】海外のオーストラリアでミランダカーのような美人と仕事をしながら自由に生きる

【起業副業:せどり】海外のオーストラリアでミランダカーのような美人と仕事をしながら自由に生きる

実は僕はプロフィールの記事でも書いてはいるのですが、以前にカナダのバンクーバーにワーキングホリデービザで1年半ほど留学をしていました。

そして僕の弟は現在24歳なのですが、オーストラリに住んでいて仕事をしながら生活をしています。

そんな弟が今ちょうどオーストラリアから日本に帰国しているので向こうの労働事情や環境について話をしてみました。

話をした結果驚愕の事実が笑

ちなみにオーストラリアで有名な美人はしたの

ミランダカーさんです笑

こんな美人がいるなら移住ありですよね♪

【起業副業:せどり】海外のオーストラリアでミランダカーのような美人と仕事をしながら自由に生きる

オーストラリアの仕事環境と事情とは

お給料事情とは

まず向こうは給料がめちゃくちゃ高いです。

僕の弟は現在24歳なのですが、時給26ドルです。

やっやばい高すぎる笑

もちろん為替があるので日本円に換算をしたら少し安くなるかもなのですが、

結局向こうでは26ドルの価値は26ドルなので給料としてはかなり高いです笑

僕が24歳のころなんて月収15万円だったのに汗

ネットビジネスやっててよかったです笑

僕がネットビジネスやってなかったら確実に稼ぎで抜かれてましたよ笑

その部分だけでも兄貴の威厳を保ててよかったです。

労働環境とは

【起業副業:せどり】海外のオーストラリアでミランダカーのような美人と仕事をしながら自由に生きる

ちなみにやっぱり向こうの労働環境は本当に良いですよ。

日本人ってまじでアホだなぁと思えてきます。

なぜならオーストラリアで仕事をしている弟の場合ですが、

夏休みはなんと、1ヶ月あります笑

やばいですよね!!!

だって僕が月収15万円の社畜サラリーマンの時なんて夏休みは5日間しかありませんでした。

本当に本当に辛かったです。

今思い出しても嫌な気持ちになれるくらい僕にとってはサラリーマン時代はトラウマです。

しかも僕もカナダでワーキングホリデービザで仕事をしていたことがあるからわかるのですが、日本にあるような暗黙のルールとか空気読めとか上司が帰るまで先に帰るなとか、そういうのは一切ありませんでした。

だからこそめちゃくちゃ精神的に楽でしたし、雇われて仕事をしていても本当に仕事も生活も楽しいと言えるような環境でした。

そういう意味では日本での労働環境って環境自体も微妙ですし、日本人独特の文化のせいですごく窮屈ですよね。

しかも弟の場合は時給26ドルなんて、、、

なのでやはり今のこの時代日本で真面目に働こうと思えば、逆に大変そうだななんて思いながら話を聞いていました。

今はその点僕はせどりで今は自由に生活をすることができてますし、本当に自由で気楽です。

こんな感じで平日に自由に旅行に行ったりでかけたりしてますよー^^

まじでまじでせどり転売と出会えてよかったと思ってます。

あなたもたった一度きりの人生を最高に楽しむためにせどりや転売ビジネスをはじめませんか??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする