【Ebay 輸出】リミットアップとは何かを理解して世界最大オークションサイトのイーベイで利益を継続的に上げる方法

6d9b655a31bb2bfc116bb4dfd0ecd82f (1)

こんにちは♪

今日はこのパートでは、イーベイという世界最大オークションサイトのプラットフォームを使うにあたり、切っても切れない関係にある

リミットアップ

とは何かについて説明をしていきたいと思います。

リミットとは何か?

リミットとはEbay特有のシステムで、主に出品数や出品金額の制限の事です。

初期の頃のアカウントのリミットは全て「10品$500」で統一されています。

この内訳を説明をするとあなたは出品数は10品まで金額は500ドルまでしか出品ができません。

なので100ドルの物を5品で500ドルでもいいですし

50ドルの物を10品で500ドルでも構いません。

逆に10品で350ドルでも良いわけです。

この金額を超えない範囲までしか出品ができません。

この制限は徐々に販売をしていき経験を積むことでどんどんあがっていきます。

そしてこの制限を解除する作業を「リミットアップ」と言います。

ちなみにこのリミットアップは前回のリミットアップから30日経過をしたら

再びリミットアップの申請をすることが可能になります。

何故リミットがあるのか?

じゃあなんでそもそもEbayにはリミットがあるの?

アマゾンやヤフオクにはリミットなんてないのに…。

なんでEbayにはリミットがあるのかを解説をしていきます。

アメリカに拠点を置く世界のオークションサイトのEbayですが、

やはり世界中の人間が使うので色々な人種はもちろん宗教や年代そして性格の人が使うことになります。

そして海外に多いのが「詐欺」です。

日本で思っている以上に海外等は詐欺が多いです。

もしあなたが50万円の物を購入をして商品が届かずにお金だけ取られたなんてことがあったらいやですよね?

だからこそEbayにはリミットいう制限がかけられております。

イキナリ商品だけ売っての売り逃げができないようになっているためです。

Ebayにおけるリミットはメリット?デメリット?

まずこのEbayのリミットはメリット、デメリットの2種類あります。

それを解説をしていきましょう。

リミットのメリット

メリットとしては、新規参入者の参入障壁になります。

だって客観的に聞いて面倒くさいですよね?

リミットって何とか、出品数とか金額とか…。

だからこそ新規の人達の参入障壁になるんです。

ちなみにアマゾンなどの転売をする場合は、リミット等はありませんので

いきなり1000品でも10000品でも出品をする事ができます。

ただそういうことをみんなができるからこそ、どんどん価格競争に巻き込まれて

アマゾン転売者の利益は減っていきます。

地道にコツコツは中々大変かもですが、新規の入ってきにくいEbayにおいてのリミットはメリットになります。

リミットのデメリット

デメリットとしては、ちゃんとセラーとしての販売経験や実績や評価を積み重ねていかないと、中々リミットアップすることができません。

厳密に言うと、販売をした実績の分だけリミットの上限が上がっていくイメージですね。

例えばリミットの1000ドル(約10万円)っていう枠があるとして、それをぎりぎりいっぱいの95000円販売をするセラーAと、3000円しか販売しないセラーBならリミットの上がり方はAのセラーのほうが上がりやすいです。

あと評価を積み重ねることが大事です。

バイヤー(お客さん)からの評価が悪いセラーよりも良いセラーのほうがリミットが上がりやすいのは当然です。

なのでビジネス全てに言えることではありますが、こつこつ毎日を積み重ねることができる人が結局は稼げるので、リミットも最初はデメリットになりがちですけど長い目でお金を稼ぎたいとかおこずかいを稼ぎたいって人は少しずつでもいいからリミットアップのために実績を積み重ねることが大事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする