【Ebay 輸出】無在庫販売のメリットとデメリットを解説

無在庫転売

無在庫販売とは何か?

Ebayにおける輸出ビジネスにおいて、初心者が始めるのに一番最適なのがこの無在庫販売です。

この無在庫販売とはどいういうものなのかを解説をしていきます。

一般的な有在庫販売の流れは以下のようになっています。

リサーチ⇒仕入れ⇒出品、販売⇒発送

ですが無在庫販売は以下の流れです。

リサーチ⇒出品、販売⇒仕入れ⇒発送

この違いになります。

有在庫販売は一般的に商品をまず仕入れなければいけません。

だからこそ言えるデメリットは、「在庫を抱えるリスク」です。

今まで一度くらいは耳にしたことがあるかもしれないですが、輸出輸入のビジネスや貿易ビジネスをやり、大量の不良在庫を抱えてしまい…。さばききれなくて…

なんて聞いたことはありませんか?

そうなんです!

有在庫ビジネスは在庫を抱えるリスクがあります。

なのでまず輸出ビジネス初心者の方にはおススメできる手法ではありません。

逆に無在庫販売は、商品をとりあえず一度出品をして売れてから商品を仕入れることができるので、リスクなどはありません。

利益が確実になってから仕入れをできるのであれば初心者にとってかなり安心なビジネスですよね♪

無在庫販売の具体的なメリット

在庫を抱える必要がない(資金繰りがいい)

これが一番のメリットですね。誰だってビジネスをやるならリスクなくやりたいですよね。

それに初心者の方がいきなり10万円の仕入れをしろなんて言われてもかなり厳しいですし、心のブレーキで行動が止まってしまいますよね。

なので無在庫販売さえマスターすれば安心してビジネスをする事が可能になります。

大量に出品ができる

Ebayにはリミット制限があるのでその枠の中での大量って意味になりますが、在庫を抱えるリスクがないのでどんどん出品をすることができます、

大量に出品をして反応のいい商品に絞ってガンガン販売をすることも可能になります。

無在庫販売の具体的なデメリット

価格競争に陥りやすい。

Ebayはアマゾンとは違いリミット枠が存在するため大量に出品をするにしても限度はあるのですが、ただそれでも売れてから仕入れをする手法のため、どうしても販売価格は下がってしまい利益は減る傾向にあります。

500円の利益が取れればいいやって人もいれば、私は300円でも利益が取れればいいって人がいたら、売れたら仕入れればいいだけなので販売価格はどんどん下がっていきますよね?

リスクがないからこそどんどん価格競争に陥る傾向にあります。

仕入れに少し時間がかかる場合がある。

無在庫は売れてから仕入れを行うため、仕入れをするのにものによっては時間がかかる場合があります。

ただどこで仕入れをしても大体最短で1日~最長でも7日くらいで届くようなものにしておきましょう。

もしそれ以上なら辞めておいたほうが無難かもしれません。

ただ外国人は日本人よりもおおらかな人が多いため届く日数が遅いからと言って怒る人はあまりいないでしょう。

仕入れが遅くなりそうな時は一言バイヤーにその旨をメッセージで伝えておきましょう。

3:仕入れ価格をチェックしておく必要がある。

有在庫は買い切りなので買ってしまえばあとは利益がでる金額で販売をすればいいのですが、

無在庫は売れてから仕入れるために、売れた時に仕入れをしようと思って、仕入れの金額があがってしまっていた!なんてこともあります。

なので仕入れの金額も可能であればチェックをできるようにしましょう。

まとめ

メリットデメリットをあげてきましたが、無在庫のメリットはやはり資金繰りがいい事と、売れたら仕入れればいいので在庫を抱えるリスクがないということです。

そのメリットだけで他のデメリットの部分を圧倒できます。

それくらい無在庫で在庫を抱えなくていいというメリットは大きいです。

最も初心者の人に無在庫販売で、輸出ビジネスを始めるおススメをする理由になります。